GAP(Good Agricultural Practice)とは

GAP農業生産工程管理(GAP:Good Agricultural Practice)とは、農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行うことによる持続的な改善活動のことです。 これを我が国の多くの農業者や産地が取り入れることにより、結果として食品の安全性向上、環境の保全、労働安全の確保、競争力の強化、品質の向上、農業経営の改善や効率化に資するとともに、消費者や実需者の信頼の確保が期待されます。 (農林水産省HPより

 

簡単に言うと、食品の安全などの消費者のニーズにこたえるための手法です。

生産の工程全体を管理することで、消費者の信頼を確保するとともに、量販店などに対する産地の評価を高めることができます。また、環境の保全にも役立ちます。

  1. 農作物の安全に関する、適切な農場の管理
  2. 環境への配慮に関する、適切な農場の管理
  3. 農業者の安全と福祉に関する、適切な農場の管理
  4. 農場経営と販売管理に関する、適切な農場の管理

以上4つを実現することにより、持続的な農業生産システムを確立します。

GAPのメリット

農作業の工程を記録、チェックすることで、安全な食品を消費者に提供できます。また、国際基準を導入することにより、アメリカや中国などの生産者に引けを取らず、安全・安心な国際取引を行うことができます。

GAPにおける工程管理

以下のPDCAサイクルを行っています。

  1. Plan・・・・・農作業の計画を立て、チェックリスト(点検項目)を定めます
  2. Do・・・・・・チェックリストを確認し、農作業を行い、記録します
  3. Check・・・記録を点検し、改善できる部分を見つけます
  4. Action・・改善すべき点を見直し、次回の生産に役立てます

GAP手法導入手順例:STEP1-PLAN

1)産地の合意形成

産地において(JAの作物生産部会など)GAP手法を導入するためには、参加する生産者の合意形成を図る必要があります。

2)産地の生成整備

産地の体制として、中心的な役割を担うチームを編成することが有効です。

チーム構成例として、生産部会長(管理責任者)、生産者、普及指導員、営農指導員

3)対象農作物の確認

対象となる農作物によって取り組むべき点検項目が異なります。

4)生産工程の確認

ほ場の準備から出荷まで対象となる農作物の生産工程ごとに、点検項目を決める必要があります。

5)危害要因等の確認

対象となる農作物の各生産工程における危害要因が存在、汚染・混入の可能性、環境への影響などのを確認する必要があります。

6)対策方法の検討

危害要因等の確認をもとに、その発生や汚染等を抑えるために具体的案方法を検討する必要があります。

7)チェックシートの作成

上記3~6の検討結果に基づき、基礎GAPの点検項目を見直すことにより、チェックシートを作成します。

GAP手法導入手順例:STEP2-DO

1)チェックシートへの記録

GAP手法導入手順例:STEP3-CHECK

1)チェックシートの点検・評価

2)改善点の見出し

GAP手法導入手順例:STEP4-ACTION

1)チェックシートの見直し

2)PDCAサイクルの繰り返しによるレベルアップ

 

M-winでは、GAP(ギャップ)要求事項に対応するための照明をご提供いたします。

  • 飛散防止膜付蛍光灯(破損時の保護)
  • 飛散防止膜 + UVカット蛍光灯(破損時の保護+昆虫飛来防止)
  • 飛散防止膜付水銀灯(破損時の保護)
  • 飛散防止膜 + UVカット水銀灯(破損時の保護+昆虫飛来防止)
  • 飛散防止膜付メタルハライドランプ(破損時の保護)
  • 飛散防止膜 + UVカットメタルハライドランプ(破損時の保護+昆虫飛来防止)
  • 飛散防止膜付セラミックメタルハライドランプ(破損時の保護)
  • 飛散防止膜 + UVカットセラミックメタルハライドランプ(破損時の保護+昆虫飛来防止)

 

GAPにおけるM-win ユービックランプの役割

第一次産業向けの基準(農家など)の選果場においては、蛍光灯や水銀灯、メタルハライドランプの破損時の飛散防止対策は必須となっています。

しかし、2010年5月現在、選果場の多くは飛散防止膜付の照明はほとんど設置されておらず、GAP認証取得のために、設置対応を求められています。

株式会社M-winでは、GAP要求事項に対応した昆虫飛来防止(UVカット加工)や飛散防止膜付の蛍光灯、水銀灯、メタルハライドランプ、セラミックメタルハライドランプを製造・販売し、より安全な農産物、食品流通のための支援を行っております。

GAP関連リンク

フードセーフティ&サスティナビリティ協議会 http://www.japan-globalgap.com/

 

HACCP対応ランプ:ユービックランプ資料請求

HACCP対応ランプ:ユービックランプお見積り・ご注文